ゼントレーダーで口座凍結される原因や解消方法について詳しく解説

ゼントレーダーで口座凍結される原因や解消方法について詳しく解説 ゼントレーダー講座

この記事でわかること

  • ゼントレーダーの口座凍結について
  • 口座凍結の原因とは
  • 口座凍結の解消について

バイナリーオプションでは何かの影響で、お使いの口座が凍結されてしまうことがあります。

ゼントレーダーも同様に口座を凍結されてしまう場合があります。

今回はゼントレーダーの口座凍結について解説していきます。

ゼントレーダーの口座凍結について

口座凍結について

ゼントレーダーの口座凍結にはパターンが2つあります。

2パターンの口座凍結

  • 完全な口座凍結
  • 一部機能の凍結

各口座凍結について詳しく見ていきましょう。

完全な口座凍結

ゼントレーダーで完全な口座凍結をされてしまうと以下の通りになってしまいます。

完全な口座凍結の内容

  • 投資で得た利益が無くなる
  • 出金額に制限が設けられる
  • ゼントレーダーのサービスが使用できなくなる

完全な口座凍結をゼントレーダーからされてしまうと、投資で得た一部の利益が無くなってしまいます。

無くなってしまう理由は、ゼントレーダーが投資内容に不正行為があったと判断しているからです。

出金額の制限の内容は、今までの入金額までしか出金できないということになっています。

入金額まで回収することはできても、得た利益を口座から出すことができないので投資家としては大きな痛手となります。

また、完全な口座凍結をされてしまうと普通に使っていたサービスを使用することができなくってしまいます。

サービスが使用できなくなってしまうと、投資や入出金なども不可能でゼントレーダーで何もすることができなくなります。

一部機能の凍結

ゼントレーダーでよくある口座凍結としてあるのが、「一部機能の凍結」です。

一日の利益が一定以上あると、ゼントレーダー側から制限を設けられてしまいます。

制限としてよくあるのが、「1回の投資額が500円まで」です。

また、投資を通貨ペアごとに行うことができなくなったり、同じ通貨ペアでも複数の投資ができなくなることもあります。

ゼントレーダーで口座凍結される原因

口座凍結の原因

ゼントレーダーで口座凍結される原因のほとんどが規約違反です。

規約違反に関してはゼントレーダーの公式サイトにて記載されています。投資をされる前に確認しておきましょう。

ゼントレーダー公式サイトにある利用規約からPDFをダウンロードしてみることができます。

利用規約に記載されている禁止行為を行ってしまうと、どんな投資家でも口座凍結されてしまうので気を付けてください。

またゼントレーダーから怪しまれる投資や行為をするのも口座凍結になりかねません。

なので、健全な投資を行っていくようにしてきましょう。

一部機能の凍結で投資額500円になる原因

投資額500円になる原因

規約違反の理由とは別に、一部機能の凍結によって投資額が500円までと制限を受けてしまう人は結構います。

このような制限を受けてしまう理由として、ゼントレーダーを利用している投資家さんから上げられるのが、「利益を抑える」です。

バイナリーオプション業者は、あくまでもサービスを提供しているわけで運営していくためには資金が必要です。

資金は投資家の投資から得ている部分があり、あまりにも投資家の利益が大きくなってしまうと運営資金が減ってしまいます。

そのため、投資家の利益を抑えるために投資額の制限をかけることがあるようです。

ゼントレーダーでも同様で運営資金の確保のため、投資額を抑えるいるようです。

ゼントレーダーの口座凍結を解く方法について

口座凍結を解く方法

基本的にゼントレーダーの口座凍結を解く方法はありません。

口座凍結になった時のゼントレーダーからメール連絡があります。

もし心当たりの無い口座凍結の場合、ゼントレーダーの運営へのお問い合わせするしかありません。

ですが、今のところ口座凍結の解消はされたことがないので期待しないほうがいいです。

口座凍結を解く方法を考えるよりも、凍結されないための規約に則った投資をしていく方が現実的です。

まとめ

ゼントレーダーの口座凍結について、解説してきましたがいかがだったでしょうか。

ゼントレーダーだけなくどの業者でも口座凍結されることがあります。

口座凍結にされないために、ゼントレーダーで定められている利用規約に目を通して覚えましょう。

運営から怪しまれる投資を行わないように、気を付けることも大事です。

利用規約を守りながら、健全な投資をやっていきましょう。

タイトルとURLをコピーしました