ザオプションの独自ツール「theoptionPRO」って何?どこでDLできる?

ザオプションの独自ツール「theoptionPRO」って何?どこでDLできる? ザオプション講座

この記事でわかること

  • ザオプションの独自ツールについて
  • theoptionPROの使う利点
  • theoptionPROの使用方法について

バイナリーオプション業者には、独自のツールを用意しているところがあります。

ザオプションは、その業者の1つで独自のツールがダウンロードできました。

2022年現在サービス終了しているため、ダウンロードや利用はできません。

今回はザオプションの独自ツールを解説していきます。

ザオプションの独自ツールとは

独自のツールとは、ザオプションで投資をやっていくならダウンロードしておいてほしい独自ツールになります

独自ツールの名称は、「theoption PRO」です。

ザオプションの口座を開設していれば、「theoption PRO」を誰でも無料でダウンロードできます。

ザオプションの口座開設に関して、下記の記事にて紹介しています。

theoptionPROを使う利点

ザオプションの公式が出しているチャートツールとは言っても、使うことに投資家の利点があるのか気になりますよね。

theoptionProには、投資家にとっての利点がいくつかあります。

theoptionProの利点

  • 同時に複数のチャートを見れる
  • チャート画面を出したまま投資が可能
  • 一般的なインジケーターが使える
  • 好きなようにレイアウトを変更できる
  • 動作がとても軽い

theoptionProで、同時に見れるチャートの数は最大で4つです。

表示をしているチャートからそのまま投資を行えるから、わざわざ投資対象を切り替えることしなくてもいいのです。

theoptionProであれば、外部ツールとブラウザを行ったり来たりすることもないので、無駄な作業を減らすこともできます。

無駄な作業を減らすことができれば、その分投資のタイミングを掴みやすくなりやすいです。

外部ツールを使わなくてもザオプションのtheoptionProを使えば、スムーズに投資が行えてストレスが少ないです。

theoptionProのダウンロード方法

次にtheoptionProのダウンロード方法について見ていきましょう。

まずtheoptionProをダウンロードするには、ザオプションの公式サイトへアクセスします。

トップページにあるPC版デスクトップから「詳細はこちらから」のボタンを押してください。

ダウンロードページに移動したら、ページ内にある「今すぐダウンロードする」を押します。

theoptionPRO_Desktop_setup_wizard_JP.msi」というファイルをダウンロードします。

theoptionPROのダウンロードは、ザオプションの口座を開設していなければいけません。

2022年現在、theoptionPROはザオプションの公式サイトからダウンロードできなくなっています。

theoptionProのインストール方法

続いて、theoptionPROのインストール方法についてご紹介していきます。

theoptionPRO_Desktop_Setup_Wizard_Jp.msi」でインストールを開始します。

セットアップを開いたら「次へ」を押します。

theoptionPROのインストール先を指定し、設定出来たらまた「次へ」を押します。

インストールの準備が完了後、インストールのボタンを押します。

インストールが完了したら、デスクトップにtheoptionPROのショートカットが作られます。

theoptionPROを起動する際は、ショートカットを活用しても良いです。

以上がtheoptionPROのインストールになります。

theoptionPROでできること

theoptionPROのインストールが終わったら、まず実際に触ってみるのが一番です。

触るにあたって、theoptionPROのできることをご紹介します。

できること一覧

  • 取引種類
  • 通貨ペア
  • 満期時間
  • チャート表示
  • ローソク足
  • 各種ライン
  • インジケーター表示

ザオプション専用アプリとしては、充分なほどの機能が備わっており色んなことができるようになっています。

チャート表示に関してですが、表示できる数は「4つ」と「2つ」となっています。

チャート2つ表示の時は、表示方法を「」と「」で選ぶことが可能となっています。

インジケーターの表示できる種類

theoptionPROでは以下のインジケーターを表示することができます。

インジケーターの種類

  • ボリンジャーバンド
  • 指数平滑移動平均線
  • MACD
  • ROC
  • 移動平均線
  • ストキャスティック
  • CCI
  • ハイローバンド
  • モメンタム
  • RSI

これらのインジケーターをチャートに表示して見ることが可能となっています。

まとめ

ザオプション独自のツール「theoptionPRO」について、解説していきましたがいかがだったでしょうか。

theoptionPROは、サービス終了しているためダウンロードができない状態になっています。

ですが、theoptionPROとは同様に使えるスマホ専用アプリがありますのでそちらを活用してもいいかもしれません。

ザオプションのスマホ専用アプリについては、下記の記事にて紹介しています。

タイトルとURLをコピーしました