ザオプションの口座凍結される原因と注意点を徹底解説

ザオプションの口座凍結される原因と注意点を徹底解説 ザオプション講座

この記事でわかること

  • ザオプションで口座凍結される原因
  • 口座凍結されたら出金できるのかについて
  • 口座凍結されないために気を付けること

バイナリーオプションをやっていく中で、やっぱり気になるのが口座凍結ではないでしょうか?

できれば口座凍結されずに、バイナリーオプションを続けていきたいですよね。

今回は海外バイナリーオプション業者のザオプションで、口座凍結になってしまう原因や気を付けることについて解説していきます。

ザオプションで口座凍結されてしまう原因

口座凍結されてしまう原因

まずはザオプションで口座凍結されてしまう原因についての解説からしていきます。

ザオプションで口座凍結されてしまう主な原因は以下の通りです。

  • 複数人による同時投資
  • 自動売買できるツールの使用
  • 複数の口座持つことはできない

これらを行うとザオプションの運営から口座の凍結をされてしまいます。

それでは口座凍結になる各原因について見ていきましょう。

複数人による同時投資

ザオプションでは、複数人の投資家による時間を合わせて投資することを禁止しています。

そのため該当の行為をした投資家は口座凍結をされてしまいます。

SNSで「複数人で同じ銘柄や時間帯で投資しませんか?」という呼びかけがあるかもしれませんが、例え善意での呼びかけだったとしてもザオプションの規約に反しているので参加して投資するのはやめましょう。

参加してザオプションから口座凍結を受けてしまえば、面倒になってしまうことやそもそも参加したところが良くないグループだったりする可能性があります。

また、複数人で同時投資したとしても必ずしも投資が成功するわけではないので覚えておきましょう。

自動売買できるツールの使用

ザオプションでは、自動売買できるツールを使った投資が禁止されています。

チャートを分析するのに使われているMT4や他のツールは、ザオプションで投資する際に使用していても問題はありません。

明らかに人の手が入っていない操作や一定の投資をずっと行っているなどが、運営から確認されたら口座凍結になる可能性があります。

普通に投資を行っていれば不正ツールの使用と思われることはありません。

ですが、何も使ってないのに口座凍結になってしまうこともあるので、不正を疑われる投資の仕方はしないようにしましょう。

複数の口座持つことはできない

ザオプションでは1人が複数の口座を持つことは禁止されています。

仮に1人が複数の口座を持っていると運営から不正とみなされて、口座凍結されてしまいます。

口座開設時でも普通にバレますので複数口座を持つことはやめましょう。

また、自らが開設した口座じゃなくても口座を販売している業者から購入しても、口座凍結の対象となります。

そもそも口座の売り替え自体がダメなので、購入しないようにしましょう。

ザオプションは稼ぎすぎると口座凍結!?

稼ぎすぎによる口座凍結

ザオプションでは投資で稼ぎすぎると口座凍結になってしまうことがあります。

以下の状況になると、稼ぎすぎて口座凍結になってしまう可能性があります。

口座凍結になってしまう可能性

  • 口座開設したばっかりなのに大儲け
  • 勝率がいきなり爆上がりしている
  • 急に高額の投資を始めた

今までの投資と違って、急に勝率や投資額が跳ね上がることがあると、ザオプションの運営から、不正を行っていないか疑いの目を向けられます。

予想のコツを掴んでも、一気に投資額を上げたりせずに徐々に増やしていく感じにしていく方が口座凍結される可能性を減らせます。

普通に投資をしているのであれば、口座凍結されることはないのでいつもの投資額で投資するのもありだと言えます。

凍結された口座で出金はできる?

口座凍結後に出金は可能なのか

ザオプションの凍結された口座で出金できるかは場合によります。

ザオプションの口座凍結はいくつか種類があります。

  • 利益が没収される
  • 投資額に制限が設けられる
  • 口座自体が利用できなくなる

口座凍結のされ方によって、出金できるかできないかは変わってきます。

口座自体の利用ができなくなれば出金もできなくなってしまいますが、出金を含まない一部の機能が制限もしくは禁止になった場合だと出金は可能です。

ただし口座凍結後に出金を行うと、その後出金もできなくなることもあるので、口座凍結後の出金は慎重に行うようにしましょう。

口座凍結されないために気を付けること

口座凍結されないために気を付けること

ザオプションは健全にバイナリーオプションの運営を行っていくために口座凍結をやっているわけで、普通に投資を行っているのであれば何も問題はありません。

ですが、ちょっとしたことで不正を行ったと判断されることもあるので、ザオプションで口座凍結されないために、気を付けておきたいことを解説していきます。

自動売買のツールは使わない

上記の解説をしましたが、ザオプションでは自動売買ができるツールの使用は禁止されています。

いくら楽に投資ができるとはいっても、運営が禁止しているもの使用することは口座凍結になってしまうので使用しないようにしましょう。

また、SNSに挙げられている安全を自負している自動売買でも使用してはいけませんのでご注意ください。

自動売買のツールを売っている側は、こちらが口座凍結されようとも利益が得られるので購入しない方がいいです。

怪しい手法は使わない

こちらもSNSや広告で必ず儲かるといって勧誘している手法は、例え儲かるとしてもザオプションの規約に反している行為をやっている場合があったりするため、誘いに乗らないようにしましょう。

必ず儲かる手法があったとしても、普通は公開をせずに一人で活用するのが一般的ですから、怪しんだ方がいいです。

また、無料公開なども後から何かしろの請求や情報商材の購入などをさせられることもあるのでこちらも注意しておきましょう。

自宅で投資を行う

ザオプションで投資を行う際は、利用している口座が一緒だったとしてもなるべくご自宅のネット環境で投資するようにしましょう。

これは理由がありまして、ネットにはIPアドレスという各ネットの住所が存在しています。

ザオプションではそのIPアドレスの履歴を運営から確認されており、違ったIPアドレスから複数ログインがあった場合などに、元の口座の所持者とは別の者が口座を使って投資を行っているのではと勘違いされてしまうことがあるからです。

勘違いによりザオプションの口座が凍結されてしまうこともあるので、注意しておきましょう。

急に投資額を上げない

普段と違った投資額で急に投資をすると、ザオプションの運営から別の者からの不正使用を疑われてしまいます。

投資による利益が増えてきたとしても、徐々に投資額を上げっていくのが無難ですし、運営から変な目で見られることもありません。

投資額を上げすぎたら、その分予想を予想が外れが時に損失も多くなるので、今までの利益がマイナスになりすぎない程度の投資額で抑えておきましょう。

まとめ

ザオプションで口座凍結になってしまう原因や、口座凍結にならないために気を付けておくべきことを知っておくことで、今後の投資を安心して行っていける思います。

今回は解説した内容を再度確認しながら、自分の投資に問題がないか使用しているツールが大丈夫なのか見ておきましょう。

口座凍結されてしまったが出金だけでもという方は、まず凍結されたことにより何の機能が利用できなくなった確認して、出金できそうかできないか判断しましょう。

また誤認で口座凍結をされてしまった場合は、ザオプションのサポートでお問い合わせして凍結解除できないか確認することをおすすめします。

ザオプションは1人に口座は1つまでなので、健全な投資を行っていき口座凍結がされないように気を付けていきましょう。

タイトルとURLをコピーしました