ハイローオーストラリアに送る本人確認書類の写し方や提出方法を徹底解説!

ハイローオーストラリアに送る本人確認書類の写し方や提出方法を徹底解説! ハイロー講座

この記事でわかること

  • 本人確認で提出できるものについて
  • 書類の提出方法について
  • 本人確認書類の写し方について

ハイローオーストラリアで口座開設をしたら、入金をして投資をするわけですが、その前にやっておかなければことがあります。

それは本人確認の書類の提出です。

提出して審査が終わってなければ、ハイローオーストラリアで入金ができず投資を行えません。

今回はハイローオーストラリアの本人確認の書類や提出に関して、解説していきたいと思います。

ハイローオーストラリアの本人確認書類として提出できるもの

本人確認書類として提出できる物

ハイローオーストラリアでは、本人確認の書類として提出できるものがいくつかありますので、ご紹介していきます。

本人確認で提出できる書類

  • 運転免許証
  • パスポート
  • 写真付きのマイナンバーカード

これらの本人確認書類は有効期限内で無ければ、提出しても審査を通らないのでご注意ください。

ハイローオーストラリアの本人確認に郵便物は必要ない

ハイローオーストラリアの本人確認で以前までは、現在住所がわかる郵便物の提出をしなければなりませんでした。

現在は本人確認で郵便物の提出は必要ではありません。

提出に必要な物を減らしてくれたことにより、ハイローオーストラリアでバイナリーオプションを始める人の手間が少しなくなりました。

本人確認書類の提出方法について

本人確認書類の提出方法について

続いて、ハイローオーストラリアでの本人確認の提出方法を見ていきましょう。

ハイローオーストラリアでできる本人確認書類の提出方法は以下の方法があります。

本人確認書類の提出方法

  • 撮ってある有効期限内の本人確認書類をアップロードする
  • パソコンの備え付けカメラで撮影しそのままアップロードする
  • スマホで撮影してアップロード

他にも提出方法はあるので、自分に合った方法でハイローオーストラリアの運営へ送ると良いです。

スムーズに提出できるおすすめ方法

スムーズにハイローオーストラリアへ本人確認書類を提出するのであれば、スマホで口座開設口座開設することをおすすめします。

スマホで口座開設をすることで、スマホで撮った写真を流れでアップロードすることが可能なのです。

本人確認種類の写真を撮って、パソコンに送ってから提出する手間が無くなり、スムーズに提出することができます。

もし、仮にパソコンで口座開設を行っていてもスマホに手続きを引き続くことができるので大丈夫です。

本人確認書類の提出で審査を通らない場合

本人確認書類を提出しても審査が通らない場合

ハイローオーストラリアに本人確認の書類を送って、審査が通らずに入金ができない状態が続いてしまうことがあります。

審査が通らない場合、以下の事が原因となっているかもしれませんので確認してください。

  • 確認用書類の有効期限が切れてしまっている
  • 書類の画像が荒くて内容が見れない
  • 書類全体が写っていない
  • 書類内容が一部隠れている
  • 書類を移した写真が加工されている

全体が見えて、内容もはっきりと確認することができれば、本人確認の書類を審査に通すことが可能です。

原因を除けているのに審査を通らない時は、本人確認書類の提出方法を変えてみてはいかがでしょうか。

書類提出の方法を変えてみる

本人確認書類が審査を通らない時は、下記の提出方法を試してみるものいいかも知れません。

別の提出方法

  • 提出する書類を変更してみる
  • スマホから提出してみる
  • その日の提出を控える

別の提出方法について、少し見ていきたいと思います。

提出する書類の変更

ハイローオーストラリアへ本人確認の書類を送っているのに、中々審査が通らない時は送ってる書類とは別の書類を送ってみるのはいかがでしょうか。

マイナンバーカードを送った場合、目視で本人かどうか確認しているので審査に時間が掛ってしまうことがあります。

一応、審査の時間が短いのは「運転免許証」か「パスポート」の2つとなっています。

スマホからの提出

パソコンで本人確認書類をハイローオーストラリアに送って、審査が通らない時はスマホから提出してみるのはいかがでしょうか。

逆にスマホで書類を送ったけど審査が通らない場合は、パソコンから提出してみてください。

デバイスの調子やネットの接続などで、本人確認書類を提出できていない可能性はあります。

ですので、デバイスを変えて提出してみるのは全然有りだと言えます。

その日の提出を控える

ハイローオーストラリアで投資をやれない状態になってしまいますが、本人確認書類の提出を後日に回してしまう方法もあります。

口座開設時に、必ず本人確認の書類を提出が必要なわけではないので、あえて日を改めて提出するは問題ありません。

提出で失敗しないための写し方

提出で失敗したいための写し方

本人確認書類を写真に撮って、ハイローオーストラリアに送ることになるので、写り方が悪いと審査が通らない場合があります。

そのため、なるべく審査に通る写り方をした写真が必要となります。

ハイローオーストラリアに提出する際に、失敗しない各本人確認書類の写し方について紹介していきます。

運転免許証の写し方

運転免許証の写し方

まず始めに運転免許証の写し方について見ていきましょう。

運転免許証を本人確認書類として使う場合、以下のことを気を付けて撮るようにしましょう。

撮る時に気を付けておくこと

  • 氏名がはっきりと見えるようにする
  • 生年月日がはっきり見えるようにする
  • 運転免許証の番号がはっきりと見えるようにする
  • コピーではなく原本を使用すること
  • 運転免許証の全体が見えること
  • 写真に加工をしないこと

運転免許証の裏に新しい住所と表に古い住所の2つが記載されている場合は、表と裏の両方で写真を撮っておきましょう。

古い住所だけでも提出することは可能ですが、通らないことを考えると新しい住所も提出しておくと安心できます。

パスポートの写し方

パスポートの写し方

次にパスポートの写し方についてご紹介します。

基本的に運転免許証と同じ写し方になりますが、詳しく見ていきましょう。

撮る時の気を付けておくこと

  • 顔写真や文字がはっきりと見える
  • パスワード番号がはっきりと見える
  • 原本で写真を撮ること
  • 画像を加工しないこと

これらを気を付けてパスポートの写真を撮りましょう。

マイナンバーカードの写し方

マイナンバーカードの写し方

マイナンバーカードの写し方についても見ていきましょう。

撮る時に気を付けておくこと

  • 通知カードは提出不可
  • 氏名や生年月日がちゃんと見える
  • 生年月日がちゃんと見える
  • 運転免許証がちゃんと見える
  • 原本を撮ること
  • 写真を加工しないこと

他2つと写し方に関しては一緒となっています。

まとめ

ハイローオーストラリアの本人確認関連について、解説してきましたがいかがだったでしょうか。

ハイローオーストラリアの本人確認で必要な書類は、「運転免許証」「パスポート」「マイナンバーカード」の3つです。

この3つの中で1つをハイローオーストラリアへ提出することで、本人確認の審査を行ってもらえます。

審査で問題が無ければ、ご自身の口座に入金ができるようになります。

本人確認の書類を写真で撮るときは、文字や顔写真などがしっかりと見えるようにしてください。

他に分からないことがあれば、ハイローオーストラリアにお問い合わせで質問してみるといいです。

ハイローオーストラリアにお問い合わせする方法について、下記の記事にて解説しています。

タイトルとURLをコピーしました