ハイローオーストラリアの休業日にできることできないこと

ハイローオーストラリアの休業日にできることできないこと ハイロー講座

この記事でわかること

  • 休業日はいつなのか
  • 休業日にできること
  • 休業日にできないこと

今日は利益を出すぞと意気込んだ日に限って、ハイローオーストラリアの休業日だったことってありますよね。

オンライン上で投資ができるとはいっても、ハイローオーストラリアは常に営業をしているわけではありません。

できれば、ハイローオーストラリアの休業日を覚えておきたいところです。

今回は、ハイローオーストラリアの休業日について、わかりやすく解説していこうと思います。

ハイローオーストラリアの休業日はいつ?

ハイローオーストラリアが休業日になるのは、以下の時になります。

ハイローオーストラリアの休業日

  • 為替市場の休場日
  • 年末年始

それぞれハイローオーストラリアが休業日となる理由がありますので、1つ1つ解説していきます。

為替市場の休場日

土日祝日は、為替市場は動いておらずチャートを基準としているバイナリーオプションは投資を行うことはできません。

為替市場の場所によっては土曜や祝日でも時差の関係で、日本時間の早朝に投資をハイローオーストラリアで行うことが可能です。

日曜は時差があったとしても、どの国でも土曜になっているので、為替市場は休業日なので投資することはできません。

為替市場は、スケジュール通りに運営されています。東京市場であれば日本のカレンダー通りで、ニューヨーク市場だとアメリカのカレンダー通りといった感じです。

ただし、土日祝日に休業しているのはあくまでも為替市場だけなので、仮想通貨や商品などの市場などは動いています。

ハイローオーストラリアでは土日祝日で投資ができるものはありません。ですので、土日祝日で投資をしたいのであれば他のバイナリーオプションでやることになります。

年末年始

各為替市場は年末年始を休場日としています。ハイローオーストラリアも同様に休業日となるので、投資やサポート受けたりすることはできません。

世界三大の為替市場の年末年始は以下の通りです。

三大為替市場の年末年始

  • 東京市場:
  • ニューヨーク市場:
  • ロンドン市場

東京市場は、三が日の1月3日が休場日になっています。ニューヨーク市場やロンドン市場は1月1日だけ休場日になります。

ハイローオーストラリアは、ニューヨーク市場やロンドン市場などの海外為替市場に合わせて休業日しているので、1月1日まで休みになります。

年明けからハイローオーストラリアで投資をするのなら、1月2日からなのでご注意ください。

年末年始にハイローオーストラリアで投資ができても、銀行の営業日の兼ね合いで入出金ができないことがあるので、年末前に済ませておくようにしましょう。

ハイローオーストラリアの休業日にやれること

ハイローオーストラリアが休業日だと、投資やサポートを受けることはできませんが、それ以外でできることがあるのでご紹介します。

  • 新規口座開設
  • ハイローオーストラリアへのログイン
  • 本人確認書類の提出
  • クレジットもしくはビットコインで入金
  • 出金申請

ハイローオーストラリアが休業日であっても、投資やサポートなどに関係がなければ営業日と同様に手続きを行うことができます。

それでは、休業日にできることを1つずつ細かく解説していきます。

新規口座開設

ハイローオーストラリアが休業日でも、新規で口座開設することができます。

平日忙しくて中々ハイローオーストラリアの口座を作る余裕が無い人でも、土日祝日で口座開設することができます。

ただし、不定期で行われているメンテナンスの時は、口座開設できないので注意してください。

休業日に新規口座開設すると、開設当日から投資することはできません。

ですが前もって解説しておくことでハイローオーストラリアの翌営業日からスムーズに投資を開始することが可能になります。

ハイローオーストラリアへのログイン

ハイローオーストラリアが休業日でもログインすることはできます。

休業日だと何もできないように思えますが、ハイローオーストラリアへのログインは可能です。

ログインはできても、基本的に休業日だと投資を行うことはできず、為替市場が動いてないのでデモ投資もできません。

為替市場の取引再開までは、投資を行えませんが入金手続きや取引履歴見たりできます。

ハイローオーストラリアが休業中の時は、次回の投資に向けて準備を進めておくと良いでしょう。

本人確認書類の提出

ハイローオーストラリアの休業日では、新規の口座開設だけでなく本人確認書類の提出を行うことができます。

ただし休業日に提出しても大丈夫な本人確認書類は、「運転免許証」と「パスポート」だけです。

ハイローオーストラリアには、リアルタイム承認という機能があり、対応している本人確認書類が上記の2つになります。

従来はサポートセンターで本人確認書類の確認をしていたので休業日は非対応でした。

リアルタイム承認の導入されて本人確認を自動化し、休業日でも対応してもらえるようになりました。

ハイローオーストラリアでは、本人確認書類としてマイナンバーカードも認められているのですが、リアルタイム承認には対応していませんのでご注意ください。

もしハイローオーストラリアの休業日に、本人確認書類の提出をするのなら運転免許証かパスポートを用意して提出すると良いです。

クレジットカード・ビットコインで入金可能

ハイローオーストラリアが休業日でも、クレジットカードもしくはビットコインでご自身の口座へ入金ができます。

入金方法に銀行振込がありますけど、銀行もハイローオーストラリアと同様に休業日なので対応はしていません。

クレジットカードで入金した場合は即時反映され、ビットコインだと決済から30分から1時間ほど待つことになります。

入金手続きで待たされることがあっても、休業日であれば投資ができずタイミングを逃すことはありませんので安心してください。

出金申請

ハイローオーストラリアの休業日は、出金申請ができます。

あくまでも、出金申請だけであって即時口座から出金されるわけではありません。

言い換えれば出金を予約しておくといったところでしょうか。

ハイローオーストラリアの休業中に出金申請を行うことで、翌営業日にはスムーズに出金することが可能です。

休業日の余裕あるときに出金申請しておけば、引き出したい日の午前中に焦って申請せずに済むので、出金時のミスを減らすこともできます。

ハイローオーストラリアが休業日でできないこと

ハイローオーストラリアが休業日で、できないことについて解説していきます。

休業中は何もかもできないというわけではなく、一部のサービスを利用できないということなので、休業日にできないことについて詳しく見ていきます。

投資ができない

ハイローオーストラリアの休業日は、基本的に為替市場に合わせた感じになります。

為替市場が動いてなければ、価格変動も動くことはありません。

また、ハイローオーストラリアが休業日だと、仮想通貨や商品指数などを対象にした投資もできなくなります。

ハイローオーストラリアで投資をしたいのであれば、取引開始まで待たなければなりません。

マイナンバーカードの提出ができない

ハイローオーストラリアのリアルタイム承認に対応していないマイナンバーカードは、休業中に提出することはできません。

マイナンバーカードの場合、サポート側が一つ一つ確認していくので、誰もいない休業日には書類の確認ができないのです。

マイナンバーカードを本人確認書類として、ハイローオーストラリアへ提出するのなら営業日にしときましょう。

マイナンバーカードで本人確認を行う場合、承認に要する日にちは大体営業日2日ほどになります。

もし、本人確認を急ぎたいもしくは休業日に提出したいのなら、マイナンバーカードではなく運転免許証かパスポートのどちらかを提出しましょう。

銀行振込ができない

ハイローオーストラリアが休業日の時、銀行もお休みであることがほとんどです。

銀行が営業日だとしても、ハイローオーストラリアが休業日だったりもします。

このような時は、銀行からハイローオーストラリアの口座へ入金することができません。

口座への銀行振込に関する処理はサポートが行っているため、休業日では入金の確認が行われず翌営業日に確認作業が回されます。

出金に関しては休業日前に申請を出しておくことで、ハイローオーストラリアが休業日でも銀行が営業日であれば、出金できるようになっています。

入出金を行う際は、ハイローオーストラリアと銀行の休業日を気にしておく必要があるようなので、確認を怠らないようにしておきましょう。

サポートへお問い合わせは即日返答無し

ハイローオーストラリアの休業日は、サポートへのお問い合わせしても即日返答はまずないと思ってください。

休業日にお問い合わせすることは可能なのですが、サポートからの返答は翌営業日になってしまいます。

ハイローオーストラリアが営業日であれば、日本時間の午前9時から午後5時までにお問い合わせすれば、サポートがしっかりと対応してくれます。

ハイローオーストラリアには、電話によるサポートも可能です。こちらは営業日のみの対応になります。

ハイローオーストラリアの休業日にお問い合わせをするのあれば、返答が遅くなることを了承した上でメールで送るようにしましょう。

ハイローオーストラリアのお問い合わせについて解説しているので、よかったら読んで見てください。

まとめ

ハイローオーストラリアの休業日について、解説してきましたがいかがだったでしょうか。

休業日では、一部サービスを利用することができなくなってしまいますが、ログインやお問い合わせ、入金などは可能となっています。

休業日だからといって何もしないのではなく、その時にできる準備をやって、翌営業日に備えておくと投資をスムーズに進めれるようにしていきましょう。

タイトルとURLをコピーしました