ハイローオーストラリアで入金にクレカを使う良いところを徹底解説してみた

ハイローオーストラリアで入金にクレカを使う良いところを徹底解説してみた ハイロー講座

この記事でわかること

  • クレジットカードの良いところについて
  • 使用できないクレジットカードとは
  • クレカで入金できない原因について

ハイローオーストラリアには、様々な入金方法があります。

クレジットカードはその1つで、お持ちのカードから入金ができます。

ただし全てのクレジットカードがハイローオーストラリアの口座へ入金可能というわけではありません。

そこで今回はハイローオーストラリアの入金で、クレジットカードが良い部分や使えないカードについて、解説していきたいと思います。

入金でクレジットカードを使う良いところ

入金でクレジットカードを使う良いところ

ハイローオーストラリアの口座へ入金する時、クレジットカードを使うと何が良いのかをまずは解説していきます。

クレジットカードでの入金が良いところは以下の通りです。

クレジットカードで入金する良いところ

  • 手数料が無料
  • 入金完了までが早い

ハイローオーストラリアの入金でクレジットカードを使うことによる各良いところを詳しく見ていきましょう。

手数料が無料

ハイローオーストラリアの口座へ入金する時、入金方法によっては手数料がかかってしまうことがあります。

クレジットカードでの入金は、手数料が無料となっておりお得です。

手数料を払わずに済むので、その分を口座へ回すことで他の入金方法よりも少し多めに入金することが可能です。

入金完了までが早い

クレジットカードは、ハイローオーストラリアの口座への入金を行ってから、完了するのが早いです。

ハイローオーストラリアの運営へ入金申請を送って、即日反映で口座へ入金されるのです。

クレジットカードであれば、土日でもハイローオーストラリアの口座に入金することが可能で、翌営業日の朝から投資がしやすくなります。

土日に入金できるだけでなく、他の方法よりも早く入金が完了するので早さを求めるのであればクレジットカードがおすすめです。

クレカの最低入金額は5,000円

クレカの最低入金額は5,000円

ハイローオーストラリアでは、入金方法別に最低入金額が設定されています。

クレジットカードは、最低入金額が5,000円となっています。

他の入金方法だと、10,000円からでクレジットカードよりも高めに設定されています。

なるべく入金を抑えておきたい人は、ハイローオーストラリアの口座へ入金される際はクレジットカードが良いでしょう。

ハイローオーストラリアで使えないクレジットカードとは

ハイローオーストラリアで使えないクレジットカードとは

ハイローオーストラリアの入金で、全てのクレジットカードが使用できるわけはありません。

ハイローオーストラリアで、入金に使えないクレジットカードは次のものです。

入金で使えないクレジットカード

  • 楽天銀行カード
  • 三井住友カード
  • 3Dセキュア非対応カード
  • プリペイドやデビット

それでは、各クレジットカードがハイローオーストラリアで使えない理由について見ていきましょう。

楽天銀行カード

楽天銀行カードは、日本の金融庁に登録されている金融商品取引業者のみしか送金をすることができません。

ハイローオーストラリアでは金融ライセンスを他国で取得しているものの、日本のは未取得となっています。

そのため、日本のライセンスを持ってないハイローオーストラリアでは、楽天銀行カードを使用して入金することはできないのです。

楽天銀行カードの公式サイトにて、金融庁の未登録業者に対する送金について掲載されていました。

当行の海外送金サービスでは、無登録で金融商品取引業を行っているとして、金融庁(財務局)が警告書の発出を行った業者等への送金は取扱いできません。

無登録の金融商品取引業者等への送金と判断しました場合、資金を返却する、あるいは、没収する場合があります。

また、無登録の金融商品取引業者等への送金を目的にした、法人企業さま・個人さまからの海外送金の利用申込はお断りいたしております。
あらかじめご了承ください。

海外送金のお取引の際には十分ご注意ください。

引用元:楽天銀行

ハイローオーストラリアの指定外とかではなく、楽天銀行側で決められたことなので、日本の金融ライセンスを取得しない限りは入金できないと思っておきましょう。

三井住友カード

三井住友カードは利用規約によって制限がかけられています。

FXやバイナリーオプションなどの海外の金融商品に、関係する取引で三井住友カードが使えないようになっています。

楽天銀行カードと違う部分は、国内の金融ライセンス取得に関係なく海外の金融商品取引の全てで、カードの使用ができないことです。

海外加盟店における、外国為替取引(FX)・バイナリーオプションなどのデリバティブ取引、株式・債権・外貨の購入、投資信託、積立投資・海外生命保険(オフショア)などの金融商品の決済にかかる取引

上記取引において、クレジットカードを利用し継続して月々のお支払いをされている場合は、お支払い方法の変更が必要となります。ご変更のお手続きにつきましては、お客さまご自身で行っていただく必要がございますので、あらかじめご了承ください。

引用元:クレジットカードによるご利用停止対象となるお取引

三井住友が百貨店などと提携しているカードも、基本的にFXやバイナリーオプションで使用できないのでご注意ください。

3Dセキュア非対応カード

決済する時に使われる本人認証サービスの「3Dセキュア」が、非対応のカードの場合でも入金で使うことはできません。

対応している場合、お使いのカード会社の公式サイトにて3Dセキュアの登録しておけば、ハイローオーストラリアの入金で使用可能です。

3Dセキュアの登録がまだであれば、ハイローオーストラリアでクレジットカードの入金ができるようにするために登録しておきましょう。

プリペイドやデビット

ハイローオーストラリアの入金では、プリペイドやデビットなどのカードは使用できないようになっています。

他業者であれば、プリペイドやデビットなどを使えるところもありますが、ハイローオーストラリアでは一切使うことはできませんのでご注意ください。

プリペイドやデビットが使用できない理由は、ほとんどのカードが3Dセキュア非対応だからです。

近年3Dセキュアに対応しているものも出てはいますが、ハイローオーストラリアでは今のところ非推奨となっています。

ハイローオーストラリアの公式サイトで、プリペイドやデビットなどのカード使用は問題の原因になりやすいと記載されていますので、無理に使用しないようにしてください。

クレジットカードで入金できない原因

クレジットカードで入金できない原因

ハイローオーストラリアでは使用できるクレジットカードで入金ができない時があります。

使用できるクレジットカードで入金できない理由は、いくつかあります。

使用可能なクレカで入金できない理由

  • 他人名義のカードを使用していた
  • カードの有効期限が切れていた
  • 利用停止中や盗難届けのカードだった
  • カード情報の入力間違い
  • カードの限度額を超えてしまっていた

有効期限切れや利用停止などは、カードとしての機能を失っていますので、カードとして使うことがそもそもできません。

他人名義のカードについてですが、もし使用してしまうとお持ちの口座が運営によって、口座凍結されてしまうことがあります。

ですので、間違っても他人名義のカードを使用しないでください。

投資家側の問題だけでなく、ハイローオーストラリアのシステム側でエラーが、起こって入金ができないこともあります。

運営側での問題だった時、基本的に入金を拒否されるだけで済みます。

エラーが発生したら、すぐに入金作業を再開するのではなく、ちょっと時間をおいて再度入金申請をしましょう。

マスターカードが利用可能に

マスターカードが利用可能に

ハイローオーストラリアでは、一時期マスターカードを使って入金することはできませんでした。

ですが、システム面のアップデートによって、マスターカードによる入金が再びできるようになったのです。

クレジットカードが何かしろの原因で、使用できなかった時のために、マスターカードを持っておいても良いかも知れません。

まとめ

ハイローオーストラリアで、クレジットカードを使った入金の良いところや使えないカードについて、解説してきましたがいかがだったでしょうか。

最後に入金時にクレジットカードを使う良いところと使えないカードについておさらいしておきましょう。

まずは、入金時にクレジットカードを使う良いところからです。

クレジットカードの良いところ

  • 手数料が無料
  • 入金完了までが早い

ハイローオーストラリアにある他の入金方法よりも、早く入金が完了し手数料もかかりません。

クレジットカードを持っているのであれば、クレカで入金するのがおすすめです。

入金に使えないクレジットカード

  • 楽天銀行カード
  • 三井住友カード
  • 3Dセキュア非対応カード
  • プリペイドやデビット

ハイローオーストラリアでは、これらのカードを入金で使うことはできません。

使えるクレジットカードは、「VISA」「JCB」「Mastercard」の3種類となっています。

カード会社によっては、バイナリーオプションなどの金融商品取引で使用することができないことがあります。

なので、クレジットカードを入金に使用する際は、使えるか確認しておきましょう。

タイトルとURLをコピーしました