バイナリーオプションで目にする一目均衡表を解説

バイナリーオプションで目にする一目均衡表を解説 バイナリーオプション講座

この記事でわかること

  • 一目均衡表について
  • 3種類の線と2つのスパン
  • 雲について

テクニカル分析の一目均衡表について、バイナリーオプション初心者にわかりやすく解説していきたい思います。

一目均衡表とは

一目均衡表とは、「雲」3種類の線を組み合わせてできたテクニカル分析の1つです。

元々は、バイナリーオプションのために作られたテクニカル分析ではなく、株の取引き用でした。

バイナリーオプションで、一目均衡表が使われるようになったのは、為替チャートでも使えることが分かったからです。

一目均衡表は、世界でも評価されているテクニカル分析であり、見方を覚えておくことに損はありません。

ただし、一目均衡表は覚えるまでが大変なので、じっくり覚えていきましょう。

一目均衡表の3種類の線について

一目均衡表の3種類の線は、「基準線」「転換線」「遅行線」の3つになります。

この3種類の線について詳しく解説していきます。

一目均衡表の基準線

一目均衡表の基準線は、過去の26日間で高値と安値がどのように変化していったのかを表す線のことです。

高値や安値が上下するたびに、基準線は上向きだったり下向きだったりします。

その時の向きを見ることで、為替チャートのトレンドの向きを知ることができます。

一目均衡表の転換線

一目均衡表の転換線は、基準線と同様に線の向きを見ることで、トレンドの向きを知ることができる線です。

基準線と違うのは、参照している期間が過去9日間というところです。

転換線で知ることができるトレンドは、短期のトレンドということになります。

一目均衡表の遅行線

遅行線は、現在の価格を26日前の線と合わせて、そのまま表示している線のことを言います。

遅行線があることで、26日前の価格よりも現在の価格が、上昇傾向なのか下降傾向なのかを知ることができます。

現在の価格が上昇すると遅行線は、ローソク足に近づきます。そして、下から上へと抜けてきます。

逆に、現在の価格が下落すると遅行線は、ローソクの上から下へと抜けていきます。

一目均衡表でローソク足を抜くことがある場合、それはトレンドの転換サインになります。

ローソク足を抜くことは、26日前よりも買い手もしくは売り手のどちらかが、強くなっている状態になるのです。

そこで、トレンドが変わったことが把握できるようになっているのです。

一目均衡表の雲について

雲とは、先行スパン1と先行スパン2の間から生まれる領域のことを指します。

先行スパン1は、短期と中期のトレンドを表しており、先行スパン2は長期のトレンドを表しています、

雲は別名で「抵抗帯」と呼ばれており、ローソク足とぶつかると上や下に抜けることが難しくなってしまいます。

雲と現在価格の位置

雲と現在の価格の位置関係によってトレンドの傾向が変わっていき、これには2パターンあります。

位置関係によるトレンド

  • パターン1:今の価格が雲よりも上であれば上昇トレンド
  • パターン2:今の価格が雲よりも下であれば下降トレンド

現在の価格が雲の中にある場合、それは買い手と売り手で力が拮抗していることを表しています。

このなると、相場はそのままの状態を保っていることになります。

拮抗状態が続いている状態で、上抜けすると買いのサインになります。

逆に下抜けされたら売りのサインになってます。

雲とってローソク足は抵抗線

ローソク足が上昇している時、雲は上値抵抗線の役割を持っています。

また、ローソク足が下落している時、雲は下値支持線の役割があります。

これらの抵抗線によって、雲の近くで値動きが反転することがあり、雲を抜けることで「ロールリバーサル」が起きます。

ロールリバーサルとは

ロールリバーサルとは、トレーダーの心理から引き起こされる現象で、「上値抵抗線が下値抵抗線」もしくは「下値支持線が上値抵抗線」に変化することです。

簡単に説明すると、雲がローソク足の上抜けを抑えていたら、抑えられていたローソク足が上に抜けたら、その時から雲は価格の下落を支える雲になるということです。

ローソク足にぶつかる日がわかりやすい

雲は上値抵抗線と下値支持線と似た役目を持っていますが、異なる部分として雲には厚みがあります。

雲の厚みは、抵抗力の大きさとなっており、厚みが薄いほど上下のどちらかに抜けやすくなっており、それに伴ってトレンドも発生する可能性が高くなりやすいです。

雲は現在の価格よりも先に現れるわけで、数日後にローソク足とぶつかることや、抵抗される価格帯についてもわかることができます。

一目均衡表からわかる3種類の売買サイン

一目均衡表の売買サインの中で、大事なサインを買いと売りごとに各3種類ずつ紹介していきます。

まずは買いサインの中で大事なものを3種類の紹介です。

買いの大事なサイン

  • 転換線が基準線の下から上へと抜ける
  • 遅行線がローソク足を上に抜ける
  • ローソク足が雲の上に抜ける

続いて、売りサインの中で大事なものを3種類の紹介になります。

売りの大事なサイン

  • 転換線が基準線の上から下へ抜ける
  • 遅行線がローソク足の下に抜ける
  • ローソク足が雲の下に抜ける

以上が、売買サインの大事なサインになります。

買いサインや売りサインは、他の呼び方もされています。

買いサインは「好転」、売りサインは「逆転」という呼び方があります。

また大事なサインが3つ揃った状態を「三役好転」「三役逆転」と呼びます。これらは、多くの投資家から信頼できる相場転換のサインとして支持されています。

まとめ

基準線や転換線、先行スパン、雲など一目均衡表で使われいる専門用語とその内容について覚えるのは大変です。

一気に詰めて覚えるのではなく、一つ一つゆっくりでいいので覚えていきましょう。

一目均衡表を覚えていけば、1つテクニカル分析を使えるようになったということになるので、よりバイナリーオプションの投資を予想しやすくなります。

とりあえず、投資のタイミングで役に立つ「好転」「逆転」のそれぞれ大事な3つのサインだけでも今回は覚えていってくださいね。

タイトルとURLをコピーしました