バイナリーオプションの取引の種類を解説

バイナリーオプションの取引方法の種類 バイナリーオプション講座

この記事でわかること

  • バイナリーオプションの取引方法
  • 国内業者と海外業者の取引方法の違い
  • 国内と海外の業者のどちらがおすすめ?

バイナリーオプション業者によって、投資の取引内容が少し異なっていることはご存じでしょうか?

始めたての初心者の方だと、どのバイナリーオプション業者でも同じ取引内容だと勘違いしやすいと思います。

今回は、バイナリーオプションの主な取引方法の種類について、初心者にわかりやすく解説していきます。

バイナリーオプションの主な取引方法

バイナリーオプションの主な取引方法は

  • ハイローオプション
  • レンジオプション
  • ワンタッチオプション
  • ノータッチオプション

以上の4種類が主なバイナリーオプションの取引方法になります。

この4種類の取引方法を一つずつ、わかりやすく解説していきます。

ハイローオプション

ハイローオプションとは

まずハイローオプションについて解説していきます。

ハイローオプションとは、バイナリーオプションの取引方法の中で、一番有名な取引方法になります。

投資したタイミングの為替レートに対して、判定時刻の為替レートが「上」か「下」なのかを予想する取引です。

良い部分 取引がとてもシンプル
よくない部分 ペイアウト率が低いので、大きな利益は得られにくい
ペイアウト率 1.85~2.00

ハイローオプションには、別の取引タイプがあるのでそちらも解説していきます。

ハイローオプション(スプレッド)

通常のハイローオプションとは違って、ハイローオーストラリアにあるスプレッドは投資を開始した時点の為替レートに、一定の価格幅が設定され判定時間までにその価格幅よりも「上」なのか「下」によって結果が決まる取引方法なのです。

通常よりも予想するのが難しいので、ペイアウト率は高めになっています。

良い部分 他よりもペイアウト率が高め
よくない部分 予想が難しく、他よりも利益が出しづらい
ペイアウト率 2.00~2.30

ハイローオプション(ターボ)

ハイローオーストラリアにあるターボは、判定時刻が短いハイローオプションと思ってもらえれば大丈夫です。

判定時刻が短いということは、その日の投資の回数をより増やすことができる反面、予想の難しさやペイアウト率の低さなどもあり、大きな利益は得られにくい取引方法になります。

良い部分 短時間でたくさん取引ができる
よくない部分 ペイアウト率の低さや予想の難しさにより、利益を出しづらい
ペイアウト率 2.00~2.30

レンジオプション

レンジオプションの図

レンジオプションは、上の図を使って解説すると、投資したタイミングの為替レートを起点として、レンジと呼ばれる価格幅が形成されます。

判定時刻に、為替レートが上下のレンジ内に留まれば「予想当たり」となり、逆にレンジよりも外側へ出てしまったら「予想外れ」となります。

為替の変動がなるべく緩い時間帯を狙って投資する取引方法が「レンジオプション」なんです。

良い部分 短時間の投資ができる
よくない部分 レンジ内で収まるところで投資をしないといけない。そのためデータ分析が必要。
ペイアウト率 2.00~

ワンタッチオプション

ワンタッチオプションの図

ワンタッチオプションは、判定時刻内に指定された条件に為替レートが到達すれば、投資成功になる取引方法です。

未到達だった場合は、投資失敗になり払い戻しはありません。

トレンドに左右されやすい取引方法であるため、トレンドのチェックはかなり重要になってきます。

良い部分 一度でも条件に到達できれば投資成功になる。
よくない部分 トレンドの見極めができなければ、利益を出すのは難しい
ペイアウト率 1.60~1.80

ノータッチオプション

ノータッチオプションの図

ワンタッチオプションとは逆で、ノータッチオプションは為替レートが条件に到達してしまうと、その時点で投資失敗になります。

そして、判定時刻までに為替レートが条件に到達できなければ、投資成功になる取引方法です。

良い部分 緩やかなトレンドであれば、投資が失敗しづらい
よくない部分 条件到達で投資失敗になる
ペイアウト率 1.60~1.80

以上が、主なバイナリーオプションの取引方法になります。

おすすめの取引方法

バイナリーオプションの取引方法で、おすすめなのは「ハイローオプション」になります。

何故ハイローオプションがおすすめなのかについて、解説していくので見ていきましょう。

取引方法が他よりもシンプルでわかりやすい

上記でも紹介したのですが、ハイローオプションは「投資時の為替レートが、判定時間終了時の為替レートよりも上か下か」なのか、予想するシンプルでわかりやすい取引方法になっています。

  • ワンタッチオプション:指定条件を満たすか満たさないか
  • レンジオプション:一定の範囲内に留まれるかそうでないか

これらの取引方法みたいに、ハイローオプションは考える要素が少ないので取引に集中しやすいです。

判定時間に余裕を持てる

短期取引は一見効率的に投資ができるように思えますが、判定時間が短いためテクニカル分析を活用することが難しく予想がしずらくなります。

テクニカル分析は、通貨の値動きをチャートで確認し、分析することですが、短期取引だとチャートから得られる情報が少なく、分析が捗らないことが多いです。

そのため、ある程度は判定時間に余裕が必要となります。できれば「10分,15分,30分,1時間」のような時間長さがあるとテクニカル分析ができます。

バイナリーオプション業者で、判定時間が15分や1時間があるハイローオプションが、取引方法としておすすめなのです。

どのバイナリーオプション業者でもできる取引方法

「レンジ取引」「ワンタッチ取引」「ノータッチ取引」は、国内と海外のバイナリーオプション業者でできるところは数が限られています。

ハイローオプションは、他の取引方法とは違い基本的な取引方法なので、ほとんどのバイナリーオプション業者でできます。

バイナリーオプション業者を選ぶのに、困らないのでハイローオプションはおすすめです。

海外と国内の取引方法が違う

海外バイナリーオプション業者は、基本的にハイローオプションで投資サービスを提供してくれています。

投資回数や投資額などの上限などはなく、あまり制限のない投資を行うことができ、バイナリーオプションといえばこちらが一般的です。

一方、国内バイナリーオプション業者は金融庁からの規制によって、ハイローオプションの取引方法が行えないため、「レンジオプション」「ワンタッチオプション」「ノータッチオプション」などの取引方法で投資サービスを提供しています。

規制によって、1日の投資回数の制限や1度の投資額の制限など、海外バイナリーオプション業者に比べて制限が多いです。

シンプルな取引方法なら海外業者を選ぼう

国内バイナリーオプション業者が扱っている取引方法は、一応二者択一ではありますが所々複雑な部分があることや、予想を立てにくい仕組みになっています。また、投資回数や投資額の上限もあるため、バイナリーオプションのメリットがほぼなくなっている状態です。

そのため、バイナリーオプションの特徴であるシンプルな投資を求めるのであれば、海外業者をおすすめします。

特におすすめなのは、独自のデモ取引サイトや攻略情報が多くある海外バイナリーオプション業者の「ハイローオーストラリア」です。

まとめ

主なバイナリーオプションの取引方法について解説しましたがいかがだったでしょうか。

最後に今回解説した取引方法を再度確認しておきましょう。

  • ハイローオプション
  • レンジオプション
  • ワンタッチオプション
  • ノータッチオプション

海外バイナリーオプション業者や国内バイナリーオプションのどちらかを利用するにも、バイナリーオプションの取引方法を知らないでいるより、知っておくことで貴方に合った取引方法を選ぶことができますから、ちゃんと各取引方法の内容を覚えておきましょう。

タイトルとURLをコピーしました