BOで使えるテクニカル指標パラボリックについて詳しく解説してみた

BOで使えるテクニカル指標パラボリックについて詳しく解説してみた バイナリーオプション講座

この記事でわかること

  • テクニカル指標のパラボリックとは
  • パラボリックの特徴について

バイナリーオプションでは投資の予想に、チャートの流れを使ってデータ分析を活用することが多いです。

データ分析をすることで今のチャートが、どのような状況で上昇トレンドや下降トレンドだったのかを知ることができます。

知る方法として「パラボリック」というのがあります。

今回は、このパラボリックについて詳しく解説していきたいと思います。

パラボリックとは

パラボリックの形

パラボリックとは、ローソク足とSARを使ってトレンドの転換ポイントが分かる順張り型の指標です。

上昇ポイントや下降トレンドなど関係なしで、転換ポイントが分かったタイミングで売買の入れ替えタイミングになります。

SARについて

SARは、ローソク足の上下に出るなだらかな線のことです。

上昇トレンド時は、ローソク足の下から右上がりに昇っていきます。

価格が下がってしまったり、ローソク足とぶつかってしまうと上昇トレンドのSARは終了になります。

上昇トレンドが終了すると、次は下降トレンドのSARが出てきます。

下降トレンドの時は、ローソク足の上から右下へと下降していきます。

価格が上がってローソク足とぶつかったら、下降トレンドのSARが終了となります。

下降トレンドが終了したら、再び上昇トレンドのSARが出現します。

SARのタイミングは遅め

SARのどちらとも、ローソク足にぶつかることでトレンドが変化するようになっています。

ただし、上昇トレンドや下降トレンドはトレンドラインを抜けた後にサインを出すので、タイミングが遅くなってしまいます。

トレンドラインについては、下記の記事にて解説しています。

パラボリックの特徴

パラボリックの特徴について詳しく解説していきます。

パラボリックが示せる指標は、上昇トレンドと下降トレンドの2種類です。

保ち合い相場の可能性があっても、常に上下のどちらかにSARが表示されます。

この常にSARが表示されることがパラボリックの特徴になります。

SARが常に表示されることで、ポジションを持ち続けることができ、売買時でも持ち替えするトレードが行えます。

バイナリーオプションだと、ポジションを持ち続けることはありませんが、トレンドの状況をパラボリックで確認することができます。

トレンドの状況を確認しつつ、上昇トレンドのSARや下降トレンドのSARがローソク足にぶつかれば、次のトレンドに合わせて投資することもできます。

保ち合い相場は他の指標と併用

保ち合い相場だと価格の変動が細かく、パラボリックでも細かく動いて反転などを繰り返すことが多くなり、ダマシが増えてしまいます。

バイナリーオプションだと、今後価格が上昇するというサインが出ているのに、実際は下降したということが増えるのです。

なので、ダマシ対策として「標準偏差ボラティリティ」や「ADX」などの指標を使っていくことをお勧めします。

まとめ

バイナリーオプションで、データ分析に使える指標の1つ「パラボリック」について、解説してきましたがいかがだったでしょうか。

パラボリックは、上昇トレンドもしくは下降トレンドのどちらしかありませんが、ポジションを常に持つことに注目を置いた時に活躍する指標です。

バイナリーオプションの場合、ポジションというものはあまり関係がありませんが、トレンドの状況を確認することに活用することができます。

パラボリックを使って、トレンドの終了を見極めて変化する前に投資をしたりするに役立ちます。

保ち合い相場の時ですが、細かく変動が起こることに対してパラボリックが弱いので、なるべく他の指標と併用して使うようにしてください。

もしパラボリック単体で使った場合、バイナリーオプションだとダマシが多くて、ハイもしくはローのどちらに投資したらいいのかわかりにくくなってしまいます。

別の指標を併用することで、保ち合い相場で多くなるダマシの部分を対策することができます。

なので、保ち合い相場の時はパラボリックと別の指標を併用してデータ分析を行っていきましょう。

タイトルとURLをコピーしました