ライントレードは3種類!活かすコツと投資タイミングを解説

バイナリーオプション講座

この記事でわかること

  • ライントレードについて
  • ライントレードの種類
  • ライントレードの活かすコツについて

バイナリーオプションでは、相場見て今後のどのように変動していくのか、予想して投資することになります。

ただ相場を見て予想するのではなく、相場がどんな状態であるかを認識する必要があります。

相場の認識で使われる「ライントレード」を今回は詳しく解説していきたいと思います。

ライントレードとは

まずは、バイナリーオプションで使われるライントレードとは、どういうものなのか見ていきましょう。

ライントレードの例

ライントレードとは、相場のチャートに線を引いて波形や、引いた線の付近での動きを見て投資を行っていく手法です。

一見簡単そうに聞こえますが、実はバイナリーオプションで使われている手法の中で難しい手法とされています。

難しいと言われているのは、瞬時の見極めと判断が必要だからです。

ライントレードは、常にチャートよく見て相場の動向見守っていなければなりません。

そんな中「ここだ!」という場面を見つけ、瞬時に投資するかが判断しないといけないのです。

サインツールではないので、投資のタイミングを知らせてくれることも無いので、本当に観察眼と判断力が試されます。

なので、ベテランならまだしもバイナリーオプション初心者にとっては、ライントレードはかなり難しい手法なのです。

ライントレードは全3種類

ライントレードには3種類のラインがあります。

3種類のライン一覧

  • レジスタンスライン
  • サポートライン
  • トレンドライン

それでは、ライントレードの各ラインについて詳しく見ていきましょう。

レジスタンスライン

レジスタンスラインとは、相場のチャートにある高値同士を結んだ横線のことです。

主に知りたい時間帯の高値の天井を確かめるのに使われています。

バイナリーオプションでは、高値の天井を知ることができたら、相場それ以上に行かないことが予想でき、Lowになると予想がしやすくなります。

サポートライン

サポートラインとは、相場のチャートにある安値同士を結んだ横線のことを言います。

レジスタンスラインと反対で、主に知りたい時間帯の安値の底を確かめるために使われる線です。

バイナリーオプションでは、安値の底を見つけることで相場がこれ以下になりにくくなり、Highになると予想しやすいです。

ちなみにレジスタンスラインやサポートラインは、2つをまとめ「水平線」と呼ばれたりします。

トレンドライン

トレンドラインとは、相場のトレンドに合わせて引いた線のことを言います。

上記2つの線と違って、高値と安値を直線で結んでいるため、まっすぐな線だけでなくジグジグな線を引くこともあります。

トレンドラインについては、下記の記事でより詳しく解説しています。

ライントレードを活かすコツ

ライントレードを使っていく上で、やはりうまく活かしていきたいと思いますよね。

なので、ライントレードを活かす3つのコツについて解説していきます。

3つの活かすためのコツ

  • 反発しているポイントを結ぶ
  • 反転ラインを見極める
  • 各線が重なる部分を見つける

ライントレードの各コツについて詳しく見ていきましょう。

反発しているポイントを結ぶ

反発しているラインを結ぶ

ライントレードの線を引くときは、反発が起きているポイント同士を結ぶように線を引くのがコツです。

基本的にライントレードは、レジスタンスラインやトレンドラインなどを引くわけですが、その線を引くときに反発しているポイントを線で結ぶことを意識してください。

反発の多い価格帯がある場合、今後もその価格で反発が起る可能性があり、バイナリーオプションでの予測に役立ちます。

反転のラインを見極める

バイナリーオプションで使われているチャートは、基本的にFXの投資家によって変動が起こっています。

FXの投資家は、基本的に長期で投資を行うため、15分から1時間などのローソク足を見て投資しています。

長期のローソク足で反転するラインは、多くの投資家が逆になると考え、投資を行っているので実際にチャートで反転が起っているのです。

つまり、長期のローソク足を見るときにライントレードの線を引くことで、FXの投資家がどこで反転を起こしているか見極めることができるのです。

チャート上で反転するラインを見つけることができれば、逆張りするタイミングを掴みやすいので、反転するラインを見落とさないようにしましょう。

各線が重なる部分を見つける

各線が重なる部分を見つける

ライントレードでは、レジスタンスラインやトレンドラインを引いて、各線が重なり合う部分が出てくることがあります。

レジスタンスライン+トレンドライン」もしくは「サポートライン+トレンドライン」で、重なり合う部分がを見つけることで勝てる可能性高めることができるのです。

線の重なりだけだと不安がある投資家の方は、テクニカル分析と組み合わせてみると良いです。

テクニカル分析については、下記の記事にて解説しています。

ライントレードによる投資タイミング

バイナリーオプションでは、ライントレードを見てどのタイミングで投資をしたらいいか知りたくありませんか?

なので、ライントレードを使った時の3つの投資タイミングをご紹介します。

3つの投資タイミング

  • 線に触れた時
  • レジサポ転換した時
  • 三角保ち合いが突破された時

3つの投資タイミングについて見ていきましょう。

線に触れた時

線に触れた時

ライントレードの投資タイミングとしてよく知られているのが、レジスタンスラインやサポートラインなどの線に価格が触れた時です。

この投資タイミングを知るためには、予め相場のチャートに線を引いておく必要があります。

チャートは15分足や長めモノが、有効的なので覚えておきましょう。

引いた線に価格が触れれば、反転する可能性を狙って逆張りする投資家が多いです。

レジサポ転換して再度触れた時

レジサポ転換して再度触れた時

レジスタンスラインやサポートラインを価格が突き抜けることがあります。

レジスタンスラインを突き抜ければサポートラインとなり、逆にサポートラインを突き抜ければレジスタンラインへと転換されます。

これを「レジサポ転換」と言います。

レジサポ転換が起った後に、転換が起きた線へと再度価格が触れた時が、投資のタイミングになります。

三角保ち合いが突破された時

三角保ち合いが突破された時

相場には三角保ち合いというものがあります。

三角保ち合いは、相場が価格の上昇または下落の幅が小さくなって、保ち合い相場の幅が段々と狭まっていって、チャートの形が三角形みたいなることを言います。

最終的に三角保ち合いは上下のどちらかに大きく突き抜けます。

三角保ち合いを突き抜けた瞬間が、投資のタイミングになります。

基本的にこの時の投資は、順張りで投資することが多いです。

まとめ

ライントレードについて解説してきましたがいかがだったでしょうか。

ライントレードは基本的に難しいので、初心者の方はやらなくても大丈夫な手法です。

投資のタイミング知らせるサインが無いことや、チャートを常に観察することが必要なので、慣れている人でも難しいとされてまいます。

そのため、ライントレードをまずやるのではなく、他の手法を試して覚えるのが良いでしょう。

他の手法は下記の記事にて、おすすめを紹介していますのでぜひ参考にしてください。

タイトルとURLをコピーしました