バイナリーオプションはギャンブルではない!その理由とは?

バイナリーオプションはギャンブルではない!その理由とは? バイナリーオプション講座

この記事でわかること

  • バイナリーオプションはギャンブルではない
  • ギャンブルだと思われている理由
  • ギャンブルにならないための対策

バイナリーオプションを始めたばかりの初心者や、ちょっとだけ投資内容を知っている人の中には、ギャンブルと思われている人もいるかもしれません。

バイナリーオプション最大の特徴である「二者択一」によって、ギャンブルのイメージを持っているのかもしれません。

ですが、バイナリーオプションはギャンブルではなく、ちゃんとした投資になります。

はたから見れば、ギャンブルに見えてしまうバイナリーオプションですが、ギャンブルではない理由や立派な投資である理由を今回は紹介していこうと思います。

バイナリーオプションはギャンブルではない?

HighかLowかを選ぶ二者択一のシステム状、ギャンブルと思われがちですが、バイナリーオプションはちゃんとした投資なのです。

FXと違って投資方法や収益の出し方などが異なっているため、バイナリーオプションを知らない人からすると、ギャンブルと同じと思われてしまうことはあります。

ただ、ギャンブルと違うのは、ギャンブルはその時の気分や状況によって賭けをすることが多いと思いますが、バイナリーオプションは、為替レートの過去の傾向やチャートのパターンなどから、次の予想をしていきます。

そのため、運要素をできるだけ避けることができ、実力で収益を出すことが可能なのです。

なので、運要素が強いギャンブルとは全く違うのです。

バイナリーオプションがギャンブルだと思われている理由

どうしてバイナリーオプションは投資ではなく、ギャンブルと思われているのかという理由を3つ紹介します。

ギャンブルに似た仕組み

ギャンブルと思われている理由の1つとして、ギャンブルと仕組みが似ていることがあげられます。

国内だと昔からあるサイコロの出目を当てる「丁半」や、世界的に有名な子のカードが親のカードよりも、上か下かを当てる「ハイアンドロー」などの賭け事の仕組みと似ているため、ギャンブルと思われています。

また国内や海外のバイナリーオプション業者には、国から認可されていない業者や入金出金で詐欺まがいな業者なども一部いるため、どうしてもギャンブルの悪い部分と重ねてしまいギャンブルとして捉えてしまう人がいるのです。

投資としての知名度

日本国内において、投資といえば「株」「FX」などが一般的です。

バイナリーオプションは未だに知名度が低く、投資を始めたい人や初心者から知られることが少ないのもあります。

それに、投資系の本でもほとんどがFXの解説や攻略などが多く、バイナリーオプションの本はまったくありません。

大手証券会社などの参入があるもののネットニュースや新聞、テレビなどでも紹介されることもありませんし、投資サービスとして本当に知られていないのがバイナリーオプションの現状です。

明確な当たりはずれ

バイナリーオプションは、投資ですが2択のどちらかを選んで投資をするので、勝敗の概念が存在します。

例えば

100が30秒後に100以上になる予想し、その予想が見事に予想的中!

ような感じで、毎回投資の取引終了時にあたりはずれが必ずあるので、バイナリーオプションがギャンブルだと思われてしまう原因になっています。

ギャンブル性が高まってしまう行為とは

投資の仕方によって、バイナリーオプションはギャンブルにもなってしまうのは事実です。

ギャンブルとしてバイナリーオプションで投資するのを防ぐために、ギャンブル性が高まる行為を紹介します。

連打で投資をする

投資の予想が外れてしまって、焦って損失分を取り戻そうするときや、感情的になって何も考えずに取引ボタンを連打してしまう行為は、ギャンブル性を高めてしまいます。

バイナリーオプションにおいて、分析無しの適当な取引ボタン連打は運任せになってしまいギャンブルをやっているのと変わりません。

そのため、1回1回の投資の成果に関係なく投資をするときは、冷静な判断ができる余裕を持っておくことが大事です。

データ分析をしない

先ほども言いましたが、何も考えないで投資をするのは、ギャンブルをやっていることと同じです。

そのため、データ分析や為替レートの傾向を見ないのは、ギャンブル性を高めることに繋がります。

バイナリーオプションは、FXと同じ為替レートを使った投資なので、データ分析や為替レートの傾向を見て投資するだけでも、がくっとギャンブル性を下げることができます。

投資の取引内容を確認しない

バイナリーオプションには、投資者の利益になる部分としてペイアウト率が設定されてす。

ペイアウト率は、取引内容やその時の状況によって異なっています。

そのため、利益の大きいペイアウト率が設定されている取引内容で、投資をしてしまう方もいるでしょう。

ペイアウト率が高いほど、投資が難しくなりデータ分析や為替レートの傾向を見たとしても予想を当てるのは難しいです。

難しい投資ほど、運に頼ってしまいたくなるので、ギャンブル性が高まってしまうのです。

ちゃんとした投資としてやっていくべきこと

バイナリーオプションを始めたばかりの初心者だと、どうしてもギャンブルっぽくなってしまうことがあると思います。

なので、バイナリーオプションでギャンブルにならないために、意識しておいてほしいことを3つ紹介します。

自分ルールを設ける

バイナリーオプションで投資を行う前に、ギャンブル性を高めないルールを作っておきましょう。

ルールの例

  • 1回の投資額は2000円まで
  • 1日の損失が5,000円超えたらその日は終了
  • 1日の投資回数10回まで

あくまでこのルールは例ですので、自分に合ったルールを作るようにしましょう。

ルールを破ったり変更したりしては、抑制が効かなくなっていきギャンブル性が高くなっていますから、一度作ったルールは必ず守るようにしましょう。

資金管理をおろそかにしない

1回の最低投資額が他の投資と比べて、低いための資金が少なくても投資ができるのが、バイナリーオプションの良いところです。

投資額を抑えられるのはとてもいいことなのですが、その分次から次へと投資をしてしまい、他の投資よりも結果的に資金を使ってしまう人が多いです。

なので、その日の投資する額を予め決めておくようにしておきましょう。

損益関係なしに決めた投資額を超えることしなければ、利益と損失どちらにしても大損になることはありません。

運任せで投資をしない

バイナリーオプションが例えHighかLowの2択だったとしても、自分の勘に頼った運の投資はしないようにしましょう。

バイナリーオプションには、為替レートの分析する方法があり、それを活用することで予想を外しにくくなり、ギャンブル性を低めてくれます。

始めたばかりの初心者の方は、分析の仕方が分からず勘で投資してることが多いです。

初心者の方は、いきなり投資を始めるのではなく、デモサイトで投資の流れや分析の仕方などを覚えてから、本番に臨むようにするとギャンブル性はかなりに低くなります。

まとめ

バイナリーオプションがギャンブルではない理由や、ギャンブルと思われてしまう理由などの紹介をしてきましたがいかがだったでしょうか?

バイナリーオプションにてギャンブル性を高めてしまう行為や、ギャンブル性を下げるためにやっておくべきことを覚えておいてください。

今後、バイナリーオプションで投資をやっていくなら、ギャンブルではなくちゃんとした投資としてやっていくために。

他にもバイナリーオプションについて、紹介している記事があるので宜しければ参考程度に読んでみてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました