ローソク足その5:たった2本だけで相場予測【つつみ線・はらみ線編】

ローソク足その5:たった2本だけで相場予測【つつみ線・はらみ線編】 バイナリーオプション講座

この記事でわかること

  • ローソク足のつつみ線について
  • ローソク足のはらみ線について
  • ローソク足の組み合わせることについて

ローソク足には様々な組み合わせがあり、バイナリーオプションを始めたばかりの人にはわからないことばかりではないでしょうか。

今回はローソク足の中でも、代表的な組み合わせである「つつみ線」「はらみ線」について解説していきます。

ローソク足のつつみ線とは

ローソク足のつつみ線とは

ローソク足のつつみ線とは、「直前の陰線に対してすっぽり包む陽線」「直前の陽線に対してすっぽり包む陰線」のことを言います。

直前の陰線に対してすっぽり包む陽線だった場合

上昇トレンドに転換するサインとなります

直前の陽線に対してすっぽり包む陰線の場合

下降トレンドに転換するサインになるという感じです。

また、つつみ線は前日にあった値動きを翌日に打ち消したことを表しています。

例えば、上昇トレンド中で前日の日足の始値やそれ以下まで下がる陰線がでるとします。

この状況でつつみ線が出現した場合、前日にあった値上がり分を翌日の値下がりによって打ち消してしまっていることになります。

前日まであった買い手の勢いから売りての勢いが強まったことにより、上昇トレンドが終わり下落トレンドへと変化を見ることができます。

トレンドの変化がわかることでバイナリーオプションの予想に活用することができるのです。

上昇トレンドに変化する場合

現在価格よりも上になるの可能性があるので「ハイ」の予想

下降トレンドに変化する場合

現在価格よりも下がってしまう可能性があるので「ロー」の予想

つつみ線をチャートの分析中に確認出来たら、バイナリーオプションの予想材料の1つとして使っていきましょう。

ローソク足のはらみ線とは

ローソク足のはらみ線とは

はらみ線はつつみ線と逆で、「直前の陽線にすっぽりと収まる陰線」「直前の陰線にすっぽりと収まる陽線」のことを言います。

つつみ線と同様にトレンド変化のサインとして機能します。

直前の陽線にすっぽりと収まる陰線の場合

下降トレンドに転換するサインとなる

直前の陰線にすっぽりと収まる陽線

上昇トレンドに転換するサインとなる

はらみ線はつつみ線と比較した時トレンドの変化に対するサインとしては、弱く信頼度が低めになってしまいます。

ただし、高値圏で陰線のはらみ線や安値圏で陽線のはらみ線などが出ると信頼度がぐっと上がります。

はらみ線もバイナリーオプションの予想で活用することができます。

活用方法はつつみ線と同じで上昇トレンドは「ハイ」、下降トレンドは「ロー」になりやすい予想するという感じになります。

ローソク足を組み合わせると値動きがわかる

ローソク足の組み合わせで値動きがわかる

陰線や陽線を分けた状態では値動きが分かりずらいことがあると思います。

そんな時は、陰線と陽線を組み合わせて値動きを見るようにすると分かりやすくなります。

例えば、陰線が陽線をすっぽり包むつつみ線だった場合、2つのローソク足を組み合わせることで長い上ヒゲがある陰線になります。

長いヒゲの陰線が上昇トレンドにあると、買い手の勢いが弱まり売り手の勢いがついてきていることになります。

つつみ線の形ができた時点で、トレンドが終了が近づいている可能性があります。

陽線が陰線をすっぽり包むはらみ線だった場合も、陽線と陰線を組み合わせることで長い上ヒゲになります。

1本目のローソク足の始値に2本目のローソク足の終値が越えてないため、組み合わせ後は陽線となります。

上昇トレンド中であれば陽線は買い手の勢いが強い状態なので、そのままトレンドが終了可能性が低く、転換としてのサインとしては信用度が低いです。

まとめ

ローソク足のつつみ線やはらみ線について解説してきましたがいかがだったでしょうか?

つつみ線やはらみ線は、トレンドの転換するサインとして使われているローソク足の組み合わせであることが覚えて貰えたでしょうか。

つつみ線とはらみ線のどちらともトレンドの変化を感じ取れるわけですが、違う点として1本目と2本目のローソク足の大きさが異なる部分です。

両者の区別ができない時は、ローソク足の1本目か2本目のどっちが大きいか覚えておくと思い出しやすくなります。

つつみ線やはらみ線でイマイチわかりづらい時は、対象となっている2本のローソク足を組み合わせて値動きを分かりやすくすることもお忘れなく。

タイトルとURLをコピーしました