ローソク足その4:組み合わせるだけできる相場予測【切り込み線・かぶせ線編】

ローソク足その4:組み合わせるだけできる相場予測【切り込み線・かぶせ線編】 バイナリーオプション講座

この記事でわかること

  • 切り込み線とは何なのか
  • かぶせ線とは何なのか
  • かぶせ線の上抜きについて

バイナリーオプションでは、相場の流れやデータ分析を見ていくためにローソク足は欠かせません。

今回は複数のローソク足で成り立つ、具体的な動きを予測しやすい線を解説していきます。

具体的な動きの予測に使われている線は、「切りこみ線」「かぶき線」の2つです。

それでは各線について詳しく見ていきましょう。

切り込み線とは

切り込み線とは

切り込み線とは、下降トレンドから上昇トレンドへ転換する時のサインのことです。

切り込み線の時下降トレンド中に陽線が出て、前日また数分前などの下落を巻き返すほどの勢いで上昇します。

トレンドが上昇する力が強く、前日の陰線の半分まで巻き返していれば、その時点で現在価格で買いたいと考えている人が多いことが予測できます。

買い手が多いほど、下降トレンドが終わってそのまま上昇トレンドへと転換する可能性が高くなります。

切り込み線が出たとしても、前日の陰線の終値までしか戻らないこともあります。

この場合買い手が少なく、上昇トレンドへと転換する可能性は低くなり下降トレンドのままになりやすいです。

バイナリーオプションで活用としたら以下の通りになります。

前日の陰線

  • 半分巻き返してる:現在価格よりも高くなるから「ハイ」に投資する
  • 終値までしかない:現在価格よりも低くなるから「ロー」に投資する

といった感じに予想の役に立ちますので、ぜひ活用してみてください。

かぶせ線とは

かぶせ線とは

かぶせ線とは、上昇トレンド中に陰線が出て前日の陽線の終値を下回るぐらい下落することです。

上昇トレンドから下落トレンドへの転換する時のサインとして使われています。

終値が前日よりも下回ることから、多くの投資家が相場の天井だと考え買い手が少なくなります。

買い手が少なくなるということは、価格がだんだん下がっていくことになります。

上昇トレンドは終わり、下落トレンドへ転換する可能性が出てきます。

かぶせ線をバイナリーオプションで活用するな以下の通りになります。

前日の陽線…

  • 終値まで下回っている:現在価格よりも下がる可能性大で「ロー」に投資
  • 終値を下回らない:現在価格よりも上になる可能性大で「ハイ」に投資

かぶせ線は切り込み線とは逆の活用方法になります。

かぶせの上抜きについて

かぶせの上抜きについて

切り込み線やかぶせ線は、チャートに出た時はトレンドの転換が起こるサインとなっています。

ですが、切り込み線やかぶせ線が出ただけでは実際に転換するかはわかりません。

そこで大事になってくるのが、切り込み線やかぶせ線が出現後の値動きです。

かぶせの上抜きは、かぶせ線が出現後の値動きに対しての状態を表しています。

かぶせ線の高値よりも上抜く大陽線が出ている状態で、今後価格が上昇する可能性を秘めています。

理由としては、かぶせ線が出現したタイミングで売買した買い手や、トレンドに乗るタイミングを計っている人などがここぞとばかりに購入するからです。

かぶせの上抜きをチャートで確認したら、トレンドの上昇する可能性があると考えて、現在価格よりも価格が上昇すると考えると良いです。

まとめ

ローソク足の切り込み線やかぶせ線について、解説してきましたがいかがだったでしょうか。

切り込み線やかぶせ線は、それぞれ転換のサインとして活用されています。

各線のサイン

  • 切り込み線:上昇トレンドへの転換サイン
  • かぶせ線:下落トレンドへ転換サイン

ローソク足でどちらかの線になっていたら、転換が起こる可能性があり投資する際のデータとして活用していきましょう。

ただし切り込み線やかぶせ線があるからといって、必ずしもトレンドの転換が起きるわけではないのでそこだけは注意しておきましょう。

かぶせの上抜きのように、切り込み線やかぶせ線の出現後に値動きでトレンドの転換が起こる可能性があるか確かめるのも良いです。

ローソク足を複数で組み合わせただけですが、予測の役に立つので切り込み線やかぶせ線を覚えておきましょう

タイトルとURLをコピーしました