逆張り投資の予想に役立つオシレーター系指標ATRの解説講座

逆張り投資の予想に役立つオシレーター系指標ATRの解説講座 バイナリーオプション講座

この記事でわかること

  • ATRについて/li>
  • 売り買いのタイミングについて
  • ATRで注意しておきたいこと

バイナリーオプションで投資していくなら、チャートのデータ分析を覚えていく必要が出てきます。

ただ、どういったものを覚えておくこといいかわからず、知識を付けることができないのではないでしょうか。

今回は、逆張り投資のために覚えておきたいオシレーター系指標のATRを解説していきます。

ATRとは

AverageTrueRangeとは

ATR(アベレージ・トゥルー・レンジ)とは、3つ差のうち最も大きい値幅(ボラティリティ)を平均化し数値で表したものです。

3つの差とは

  • 当日の高値と当日の安値の差
  • 当日の高値と前日の終値の差
  • 当日の安値と前日の終値の差

ATRは相場で過去14日分の平均値としてよく使われています。

ATRはトレンドの発生と終了を見つけやすくなる

トレンドの発生と終了の発見

>ATRでは値幅つまりボラティリティが重要になってくるのですが、重要な理由として相場にトレンドが多いほどボラティリティが大きくなりやすいからです。

例として、相場が保ち合い相場からトレンド相場へ、そして保ち合い相場と変化していくとします。

保ち合い相場の時は、値幅は小さくATRの数値は低い状態になります。そこからトレンド相場へと変動したら、値幅が大きくなりATRの数値も上昇します。

その後、値幅が下がりATRも下落して保ち合い相場へと変化します。

このように、ATRを見ておくことでトレンドの発生と終了を発見しやすくなるのです。

ATRにおいての売り買いのタイミング

売り買いのタイミング

ATRで得られてた分析情報で>売り買いのタイミング見極めることができます。

ATRで分かる売り買いのタイミングは以下の通りです。

ATRが高い水準から下落し始めた時

  • 価格が高値圏の場合:売りのタイミング
  • 価格が安値圏の場合:買いのタイミング

バイナリーオプションでATRのデータ分析を生かすのであれば、売りのタイミングだと投資時の価格から下がる可能性が高くなるのでLow(ロー)に投資することになります。

買いのタイミングの場合だと、今後為替の価格が上昇する可能性が高まるのでHigh(ハイ)に投資することになります。

ローソク足との組み合わせ

メインチャートとサブチャート

ATRは、ただ為替の上下の変動を見るだけの指標ではありません。

メインチャートで表示させることでローソク足の位置関係を見ることができます。このことをATRチャネルといいます。

ATRをローソク足と組み合わせることで、現時点の為替の価格が買われ過ぎているのか売られ過ぎているのか簡単に把握することができます。

ATRを使う際にバンドのの幅の設定をしておきましょう。

バンドの幅の設定について

バンドの幅の設定は、移動平均線(49本)に対して近い順からATR(18本)の1.6倍、3.2倍、4.8倍にしておくと良いです。

通貨によってどのチャネルの位置で反転するのか異なります。

どこかのチャネルで反転する時に、狙えるのが逆張りの投資です。

例として、3.2倍のチャネルで反転が多いとします。価格が3.2倍のチャネルまで到達した時、ATRが高い水準から下落し始めたら逆張りの投資が狙い目になります。

ローソク足とATRの値は別物

ATRの値はローソク足に関係なく上昇します。これには理由があります。

ATRはあくまでも為替の価格に対しての変動幅が上がることによって、ATRの値が上昇するようになっているからです。

仮に為替が急激に下落した時、ローソク足も一緒に下がっていくのですが、ATRは変動幅のため逆に値が上昇していきます。

なので、ローソク足が下がっているからATRも一緒に下がっていくだろうと、思わないように注意しておきましょう。

まとめ

投資の予想で使われることがあるATRについて、解説してきましたがいかがだったでしょうか?

値幅の変動によってトレンドの発生や終了を見つけられることや、ATRの値が下落することで売り買いのタイミングを見極めるためのデータ分析がATRです。

ATRを使うにはバイナリーオプション業者が用意している投資画面のチャートではなく、チャートが確認できる外部ツールの機能として使えます。

最後にATRで注意することとして、ローソク足とATRの値が一緒のものではないことを覚えておきましょう。

タイトルとURLをコピーしました