Bi-winningでは口座凍結はあり得るのか?原因について徹底解説してみた

Bi-winningでは口座凍結はあり得るのか?原因について徹底解説してみた Bi-Winning講座

この記事でわかること

  • Bi-winningで今までに口座凍結があったのか
  • Bi-winningで口座凍結になる原因について

Bi-winningは海外バイナリーオプション業者の中で比較的に新しめの業者です。

そのため、投資家が知らない情報が多く未知な部分もその分多いです。

やっていいことやダメなことがわからないと不安になりますよね。

なので今回は、Bi-winningの口座凍結について解説していきます。

公式サイトはこちら

Bi-winningで今までに口座凍結があったのか

2022年2月の現時点で、Bi-winningを利用して口座凍結になったという口コミは見かけませんでした。

Bi-winningで口座凍結された口コミが無いので、今のところは理不尽な事で凍結されることは無いと思って大丈夫です。

高額投資で書類提出を求められることがある

Bi-winningでは高額投資を行って大きな利益を得た際に、その投資を行った投資家だけ出金時に書類の提出を求められることがあります。

求められる書類は、基本的に本人確認書類となっています。

求められる書類

  • パスポート画像
  • 運転免許証の画像
  • 現住所が確認できる物の画像

これらを提出しないと出金の対応が遅くなってしまうようです。

Bi-winningで口座開設した時に上記の書類を提出していると、再度提出する必要はありません。

Bi-winningで口座凍結になりうる原因

Bi-winningを利用されている投資家の口コミで、口座凍結になった話はありませんが決してならないわけではありません。

Bi-winningで口座凍結になる原因がいくつかあるので解説していきたいと思います。

コピートレードや集団取引をやっている

Bi-winningはコピートレードや集団取引を規約で取り締まっています。

コピートレードや集団取引などをやってしまうと規約違反となってしまい、お使いの口座が凍結されてしまうことがあります。

コピートレードや集団取引についてわからない人向けに簡単に解説します。

コピートレード

別の人の投資を自分の口座に反映させること

集団取引

複数人で同タイミングに投資を行うこと

コピートレードや集団取引は、Bi-winningだけが禁止しているのわけではなく、他のバイナリーオプション業者でも禁止とされています。

バイナリーオプションで投資を行っていくのであれば、やらないように心掛けておくようにしましょう。

自動売買ができるツールの使用

Bi-winningでは自動売買ができるツールは規約で禁止されています。

自動売買ツールはコピートレードや集団取引と同様に、バイナリーオプション全体でやってはいけないこととして禁止されているのです。

自動売買ツールについて少し簡単に解説します。

自動売買ツールとは

一定の基準を満たした時に自動で投資を行うツールのこと

Bi-winningの投資は基本的にマイページから行うことになるのですが、それ以外からの投資となると外部ツールを使うことになります。

外部ツールでの投資は自動売買できる物が多く、またそもそも外部ツールからの投資は規約違反になってしまう可能性が高いので使わないようにしましょう。

他人名義の口座を使用した時

Bi-winningの口座は1人1つまでしか持つことができません。

こちらも規約で決まっており、他のバイナリーオプションでも同様に1つしか開設できないようになっています。

そのため、親族や友人の名義で口座開設をしようとする方がいくらか出てきます。

他人名義の口座を作ったり活用することは、Bi-winningの規約違反となります。

複数の口座を持ちたいからといって作ってしまうと、本来の自分の口座も凍結してしまうことになりかねません。

なので、大人しくご本人の口座1つで投資を行っていくようにしましょう。

まとめ

Bi-winningの口座凍結について解説してきましたがいかがだったでしょうか。

Bi-winningで基本的に口座凍結されることはありません。

Bi-winningの口座凍結は規約違反をしてしまった場合にされてしまう可能性が高いです。

ですので、Bi-winningで口座凍結されることのないようにするため、規約に則った投資をしていきましょう。

規約違反になってしまうこと

  • コピートレードや集団取引
  • 自動売買ツールの使用
  • 他人名義の口座を使用

この他にもBi-winninngで定められた規約があるので、投資する前に確認することをオススメします。

公式サイトはこちら

タイトルとURLをコピーしました